誰にも聞けない受験の悩み・教育の仕方・心配事ありませんか?小学校・中学受験 合格する子になる育て方

Fotolia_66330049_XS


  • 合格する小学校受験

小学校受験 子供は伸び伸びが前提です

 こんにちは。

ママさん応援 小学校受験コンサルタントの「ちよ」です。

私は、娘2人の小学校受験を通して

受験を目指す毎日を意義あるものにする為のアドバイスをしております。

受験といえども 毎日をそれだけの日々にしないで下さい。

朝から晩まで「受験」だから これをする!これをしなくては!では

義務感がお子さんに伝わってしまいます。

お子さんはまだ5歳です。何が何だかわからないまま お母さまの言う通りに行動しているのです。

 どのような時でも、お子様の立場に立って考えて下さい。

基本的な5歳の子供の生活の中で、受験の準備を上手に織り交ぜてください。

同じ5歳でも個人差があります。比べではダメです。

 受験はお子さんの幸せな未来の為にするもの。

その準備の為にお子さんがつまらない毎日を送るのは本末転倒ですよね。

いつもお子さんの幸せの為にしているという事を忘れないでくださいね。

例えば 塾でミニテストをしたとします。お子さんがあまり点数がとれませんでした。

お母さまはどうしますか?

テストは今どのくらいの理解力があるか試す為にあるのです。

点数をあれこれ気にする為のものではないのです。

勿論他人と比べる目的でもありません。

 むしろ点数は見なくていいです。

見るべきところは、どのような問題を間違えているかです。

 そして、間違えた問題を必ず出来るようにしましょう。

その時間違えてラッキーなのですよ。

復習する事により、身につくのです。

もし、あまり理解していないのに○をもらってしまったら、2度と復習しないで

通り過ぎてしまうのです。その方が恐ろしいのです。

テストというのは、お子さんが何歳になってもこのような使い方をしてくださいね。

私も 娘が何歳になっても、テストの結果を持ち帰って時には

まず、○の部分を褒めました。そして、×だった問題を必ず復習して、

何度も解けるように練習させました。

そのようにしているうちに、子供はテストを特別な事と思わずに伸び伸びと回答出来るようになるのです。そして、点数におびえることなく、他人と比較することなく、出来ない問題は
なんだったのだろ~と、テストを冷静に捉えられるようになるのです。

小学校受験の日々であっても、伸び伸びとした心を持たせることは可能です。

お母さまのお子さんを思いやる心次第なのです。

小学校受験コンサルタント ちよの コンサルメニューはこちらです。
小学校受験は知っておいた方が良い事がたくさんあります。
悩めるママさんのお役に立つ事が出来れば幸いでございます。




Pagetop