賢い小学校受験・中学受験をする為に!心の準備ブログ【合格する子になる育て方】

中学受験

 中学受験について

私の娘は中学受験をすると決めていました。
それは何故かというと、私の兄弟や周りの友人を見回した時に
中学受験を経験した人は皆、知識の基礎がしっかり出来ているのです。

そして、中学校受験の時にがんばった経験がその後の人生に生きてくるのです。
それは、受験に合格した場合、不合格だった場合どちらもそうです。

むしろ、不合格の場合の方が、その後 より工夫をして努力をして、不合格をくつがえし
難関大学に合格するケースも大変多いのですよ。

ですから私は中学受験をお勧めします。
中学受験は家族が一つになり、子供の受験を通して一緒に努力をし、協力をし、1つの事を成し遂げる
素晴らしい家族のイベントです。

そんなに暗く大変な事として考える必要はありませんよ。
心を軽くして、合格不合格の結果よりも、それに向かう毎日を大切に勉学に励む事、努力をする事、
その受験に向かう努力が結果より大切です。

ですから、パパママは、イライラ怒るのはいけません。
怒りたくなるのは、結果だけが大切と考えてしまうからなのです。

その日その1日子供ががんばったならそれでいいのです。結果はその毎日の積み重ねです。
中学校受験をするのは、そもそも何故でしょうか?

子供に幸せな将来の為ですよね。でもパパママが毎日起こっていたらどうでしょうか?

子供にとっては、中学合格よりも、パパママがニコニコ優しい方が幸せなのです。

そのような親子関係を築きながら毎日を積み重ねていって下さい。
我が家でも中学受験をするに辺り、色々な困難を乗り越えました。
そんな困難があったからこそ、受験のコンサルタントをしたいと思ったので、
今となっては良かったと思います。

どの様な困難かというと、まず主人が地方の田舎出身であり、中学受験という言葉すら知らず、
都心の受験事情が全く理解出来ない事から始まったのです。

私は娘の教育と共に主人の教育もしなければなりませんでした。

でも私の考えは揺るぎがなかったので、主人もいつの間にか協力してくれるようになりました。

勉強を教えるのは私の役目、でも無理にではありません。娘の様子を常に観察し、勉強への取り組み方や集中力、楽しみながら学んでいるか、など常に考えていました。

中学受験をすることで、勉強嫌い・親嫌いにしてしまっては本末転倒ですよね。
逆に中学受験を通してより良い深い親子関係を育む事も出来るのです。
 中学受験は1日中勉強漬けで夜中まで?好きな習い事は止めなければだめ?

いいえ!そんなことは一切ありません。むしろ気分転換や楽しみの意味で習い事は続けた方が良いのです。そして、中学受験は長丁場です。1日中勉強とか夜中まで勉強して睡眠不足なんてナンセンスです。

それよりも、受験当日まで健康な身体と健全な精神・心を持ち続ける事が大切です。
 私は受験当日、娘がいつも通り元気に起きて、受験校に向かい、手を振って「いってくるね!」と
笑顔で言ってくれた時「あ~私と娘の受験生活は大成功!」とそこで完結したのです。

今でもその時の感動は忘れられず、涙が出てしまう程の感動です。
結果はその後についてくるものです。それよりも、受験の毎日が娘にとってとても有意義であったことがとても嬉しかったです。

娘は5年生の2月まで私が指導し、その後は塾に行きました。塾は受験のノウハウを知り尽くした先生がいます。そしてそれ以上に意味があるのが、仲間です。

塾に行けば、中学受験を目標とする同じ仲間がいるのです。その存在こそが子供の心のモチベ―ションを保ってくれます。
塾の先生は子供の心に働きかけて、上手にやる気にさせて楽しく勉強を進めてくれるのです。

娘は塾が大好きで「楽しかった~」と言って帰ってきました。
 そして受験勉強をするに辺り、大切な事がもう1つ!
それは中学生になった後の勉強方法を学ぶ期間でもあります。

【そんな~!中学生になった後の事まで考えられませ~ん!】

という言葉が聞こえてくるようですが。少し意識しておくだけで良いのです。

気をつけていただきたいのは、与えられるだけの勉強をしてはダメという事。

自分で今何をしたら良いかを考えながら勉強を進めて欲しいのです。

受験生の親の中には、大変熱心な人がいます。全てを親主体で進めてしまう人がいます。

でもこのように親にされるがまま、与えられるがままの勉強をしてたとえ合格しても、

その後伸びないお子さんになってしまうのです。

私はそのような例をたくさん見ているので声を大にして言いたいのです。

中学受験は合格したら終わりではなく、そこが始まりです。

中学・高校生活を心の余裕を持って過ごせるように持っていくべきなのです。
私自身初めての中学受験ママだった時、どんな気持ちで、どんな風に進めていけばよいか?
不安や迷いの中で進めていきました。そんな時、気軽にちょっと相談できる人がいたらどんなに
助かったかと思います。

そんな時の相談相手は、実際に子供を中学受験をさせた経験がある人、
受験を経て大人になってどうなるかを知っている人、私立中学の生活を経験して知っている人、
がベストだと思います。

私は、これらを全て経験し、私立生専門個別指導塾「ママ・ティーチャー」を主催し、
多くの私立ママのコンサルタントをしてまいりました。

様々な子供の相談事にアドバイスさせていただくうちに、私の色々な経験が多くのママたちの
心を救える事が出来ると感じました。

そして、サイトを立ち上げ起業致しました。

どうぞ、どんな事でもご相談下さいね。隣のお姉さんに相談するつもりで。

まずはメールにて簡単な内容などお書きくださいね。

お問い合わせからお願い致します。

ご相談は、お電話・スカイプ・対面(カフェなど)・訪問も可能でございます。

疑問は相談して、解決、笑顔のママで子育てして下さる事を願っております。

そのお役に立てる事が私のやりがいでございます。



Pagetop