誰にも聞けない受験の悩み・教育の仕方・心配事ありませんか?小学校・中学受験 合格する子になる育て方

Fotolia_66330049_XS


  • 親がすべき事

三つ子の魂百まで

 こんにちは。

お子様の本当の幸せを願う
お母様の心を応援しております。
 教育、受験コンサルタントの ちよです。
* 今日は「中学受験 三つ子の魂」というお話しです。
images (39)
「三つ子の魂百まで」ということわざがあります。
幼い頃の性格は大人になっても変わらない
という意味ですね。
また、幼い頃の生活習慣や価値観がそのまま
染み付いてしまうという事でもあります。

これは勉強習慣にも当てはまるのです。

お勉強においての「三つ子」とは
低学年3年生ぐらいまでを指します。
低学年の間の勉強習慣が
私の経験上とても大事だと感じます。
私が娘の勉強習慣に一番力を注いだのも
低学年の時でした。

まずお勉強をしてから、その後自由に好きな事をする。このルーティン(習慣)が無理なくつけられるのは低学年のうちなのです。

S-020_shukudaiwosuru

低学年のうちからそのようにしていれば
お食事を三食食べる事やお風呂に入る事
食べたら歯磨きをする事と同じように
当たり前の事に身に付きます。
**************************************
スポーツ選手が良い例ですね。
甲子園に行きたい生徒は小学校低学年のうちから
朝練、昼練、放課後練とほぼ一日中
素振り、ランニング、バッティング、球拾いなど
基礎から応用まで毎日休みなく続けます。
それでも甲子園で活躍出来る生徒は一握りなのです。
baseball_pitcher
中学受験はお勉強においての甲子園。
一つの目標に向かって1日1日を大切に積み上げて
行けば、その先に希望の中学校があるのです。
中学受験のその日は皆同じ日。
積み重ねてゆくには早い方がいいのは
お分かりですね。

*そして低学年のうちにお勉強における「三つ子の魂」を作り上げましょう。

学生の本分は勉強であること
まずお勉強してから他の事をする
一番大切ですべき事を今きちんとすること
勉強することは夢を叶える為のもの
知らないことを知る、わからない事がわかるようになるという事は素晴らしいという事を
低学年の、心が真っ白の間に植え付けてあげましょう。
Fotolia_66330049_XS

それが親の重要な勤めであり、後悔のない子育てだと思いますよ!

 

教育・受験のご相談を受け付けております。コンサルメニューはこちらからどうぞ!

 






Pagetop