誰にも聞けない受験の悩み・教育の仕方・心配事ありませんか?小学校・中学受験 合格する子になる育て方

約束


  • 中学受験 子を想う親の心

中学受験 子供との約束

こんにちは。

今日は「子供との約束」というお話しをしましょうね。

私が子育てや受験を通して大切にしてきた事は

*子供ときちんと向かい合い目をみて話をする事

*子供の意見や考えを聞く事

*約束をして守るという事

でした。

それを思い出したのは、先日のコンサルをしたママさんのご質問の時でした。

そのおママさんのお悩みの1つに 次のような内容がありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「学校から帰った子供がおやつを食べるとすぐに

飛び出してお友達とお遊びに行ってしまうんです。

本当はお勉強をしてから遊びに出かけて欲しいんです。

そして、帰って来てからもだらだら過ごしてしまうのは

どうしたら良いでしょうか?」

まだ、塾にも行っていない3年生のお子さんですので、

家に居る時の時間の管理はママさんにあります。

話しは続きます

「子供はその遊びをとても楽しみにしていて、一生懸命

様々な事を遊びの中で練習しているんです。

一輪車を練習したり、実験をしたり」

****************************

家に帰って来てからまずはお勉強して欲しいというのは

理想です。

でも低学年の間や、誘ってくれるお友達がいると

やはり子供は遊ぶ気満々で、ランドセルをおいたら

すぐにでも飛び出して行ってしまいますよね。

その場合は 遊びに行かせましょう。

遊びから学ぶ事もたくさんありますからね。

また、学校という集団の活動から解放されて

心をほぐす時間でもあります。

ここでコツがあるんです。

遊びに行く時にお子さんと1つの約束をして下さい。

「本当はママはお勉強が終わってから遊びに行ってほしいのよ。

でも今すぐ遊びに行きたいのなら1つお約束しましょう。

○時~○時までお勉強をちゃんとする事。

お約束出来る?」

このお約束が出来たら、気持ちよく遊びに行かせてあげましょう。

そして、お約束を守らせて下さい。

******************************

もし守らなかった場合、次の日は

お勉強をしてから遊びに行かせるという手段をとってください。

「あなたは昨日約束を守らなかったのだから、昨日の分のお勉強してから

遊びに行きなさい」

ここでお子さんは、約束を守らなかったらどうなるかを体感出来るのです。

そして、また次の日、

「遊びに行くのなら○時~○時までお勉強するお約束出来る?」と。

この繰り返しをしましょう。

まだ低学年の間は、遊びに行きたい一心で

簡単に約束にうなずくお子さんもいます。

しかし、このお約束のやり取りを続ける事で

自分が気持ちよく遊びに行くためには

ママさんとの「お約束」をきちんと守ればいいのだ!と

わかってくるのです。

お勉強に限らず、生活の色々な場面で

「お約束」を上手に使ってみて下さいね。

*************************

教育・受験のご相談を受け付けております。

コンサルメニューはこちらからどうぞ!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ
にほんブログ村




Pagetop