賢い小学校受験・中学受験をする為に!お母様の為の心の準備ブログ【合格する子になる育て方】

thumbnail


  • 中学受験 子を想う親の心

中学受験は何故可愛そうと言われるの?

こんにちは。

お子様の本当の幸せを考えるお母様の心を応援しております。
教育・受験コンサルタントの ちよです。
          今日は「中学受験をする事は可愛そう?」
というお話です。
 貴方はご近所さんや親戚の方から、
「そんなに小さいうちから勉強、塾通いなんて可愛そうに」
などと、心ない言葉を言われた事はありませんか?
 私からすると、ゴールデンエイジと言われている
最も脳が活発に働くといわれている10歳~12歳に 勉強する環境を
与えず遊ばせておく方が勿体ないと思います。
  私の周りの、子供の本当の幸せを真剣に考えているお母さまは
もれなく中学受験に向かって勉強させたり、塾に行かせたり努力しています。
 小学生に勉強させる事だけ、何故気の毒な目で見られるのでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 例えば、野球やサッカー、ピアノやバイオリンなど
一流になる選手や甲子園に出る選手は皆、
小学生、もしくは3歳ぐらいから毎日何時間も練習しますよね。
子供たちも好きで楽しくてプロになるという夢を持って練習しています。
 勉強も同じです。その子が他の何よりも勉強が合っている。進んで塾に行く。
学ぶ事が楽しい。
行きたい私立中学がある。
 いわば、勉強のプロになろうとしているのです。
 そして勉強をするという事は、将来の選択肢が
沢山出来るという事なのです。
それこそ、お子さんの幸せになる道に直結しているとも言えますね。
************************************
 私が娘に中学受験をさせたかった一番の理由は、
何かになりたいと夢を持った時、何にでもなれる
学力を身につけておいてあげたかったからでした。
そしてその通りになりました。
娘が医師になりたいと本気で決意したのは
高校二年生になった時。
その頃にはどの道も選べる学力がありました。
その学力の源は、やはり中学受験の時の努力です。
 どんな夢も叶えられる、そんな幸せを自分の努力で得る事が出来る。
それを体感出来たのです。
どんな道のプロも人並みの努力では叶わないでしょう。
でもその子に合った道であるならば、頑張れるはずです。
まずは、中学受験というフィールドで勉強のプロになれるか
トライしてみる価値はありますよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          昨日のコンサルをお申し込みの方のお悩みは
「私は中学受験をしなかったので、お勉強を教えられません。
中学受験の塾の問題を私が教えられなくても大丈夫でしょうか?」
というものでした。
これは誰もが心配になる事ですね。でも受験問題を全部教えられる親は何人いるでしょうか?教えられないほど難問だらけなのです。
お母さまに中学受験生のお勉強の進め方をアドバイス致しました。
いつもお話ししていると色々お伝えしたくて時間があっという間です。
でも、安心して晴れやかなお優しい顔のママさんを見ると、その向こうにいる
お子さんの笑顔が見えてきて私も幸せな気持ちになります。
私は、親が子供を叱っている姿が嫌いです。
子供は幼いうちは親だけが頼りです。
もし反抗をするのでしたら、きっと親に受け止めて欲しいのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
教育・受験のお悩みなどありましたら・・・・・・・・・
こちらからどうぞ!

 




Pagetop