賢い小学校受験・中学受験をする為に!お母様の為の心の準備ブログ【合格する子になる育て方】

images (50)


  • 未分類

中学受験 私立中学校のお弁当事情

こんにちは。

今日は「私立中学のお弁当事情」についてお話ししましょうね。

私立中学に合格して通うようになったら、ママさんのすべき事として、

まず「お弁当作り」があります。

おそらく、受験勉強の間は

(子供の努力に比べたらお弁当作りなんて何でもないわ~)

と思っていらっしゃると思いますが、

いざ私立中学校生活が始まると6年間ず~と毎日続かなければ

ならない事なのです。

6年間はママさんの頭の中は

(明日のお弁当は何にしよう???)

とず~っと考える事になるのではないでしょうか?

 

*学食があるから大丈夫!

と思っている方もいらっしゃると思います。

*パンだって買えるでしょ。

*コンビニのお弁当を買えばいい!

確かに学食がある学校もあります。

(男子校は多い。女子校は少ない)

でも、中学生の間はあまり思い通りに使えないにが普通なのです。

その理由は

①高校生が優先的に使っているから。

②昼食を買うのに時間がかかるので大変

③お友達がお弁当の子が多いと教室で一緒に食べたい

④購買部のパンはおやつ感覚で買う場合が多い

⑤コンビニのお弁当を毎日は保存料や添加物が心配

******************************

お弁当は1日で一番活動する時間の食事でもあり、

食べた物が午後の授業やクラブ活動のエネルギーにもなるものです。

そして中学生の成長に大変大事なものです。

ママさんの「お弁当」でお子さんの学校の大半の活動が変わってくるのです。

お腹いっぱいになれば良いのではありません。

ママさんも「お弁当」について真剣に取り組んでくださいね。

*****************************

子供のお弁当作り、私は2人の娘が幼稚園から高校まで、そして大学生になっても

お弁当を作っていました。20年作り続けてきたことになります。

娘たちも、たまに学食やコンビニの物を食べたりしてみましたが、

味が濃かったり、添加物の味がしたり、カロリーの高い揚げ物が多かったりと

「やっぱりママのお弁当が良い!」という結果になりました。

私もお弁当作り、どうせ毎日作るのなら楽しんで作ろう!

真剣に作ろう!と決めました。

お弁当作りで心掛けていた事は、

①慌てたくないのでゆとりを持って起床する(5時半)

②昨日の残り物は使わない

③栄養と彩りを考える

④冷めた時の味を考慮する

⑤お弁当箱を開けた時に(おいしそう~きれい~)と思えるように作る

⑥絶対に汁がこぼれないようにする

⑦匂いに気をつける(満員電車や教室で迷惑が掛からないように)

⑧果物を別容器でつける

⑨娘たちの1日の健康を祈りながら作る

⑩時々メモを入れる

(試験の日には緊張した心をほぐすようなメモを)

(元気が無かったり悩みがあるような時には明るいメモを)

*******************************

娘たちがお弁当箱を開けた時、きっと私の顔を思い出しますよね。

その時に、(私の為に作ってくれたのだ!)と愛情を感じることが

何よりの励ましになると思いました。

お弁当は娘たちとの対話のツールだとも思いました。

そして、私は2人の娘に違う内容のお弁当を作っていました。

それは、2人の好みが違っていたからです。

ちょっと過保護に思えるかもしれませんが、

頑張っている学校生活の中で、好きな物が入っている

「お弁当」って、やっぱり嬉しいと思うのです。

 

私たち大人も好きな物食べたいですよね。

ですから、頑張っている娘たちにもそんな楽しみ

与えてあげたかったのです。

中・高になるとなかなかストレートな会話が出来なくなる事もありますし、

時間もありません。

そのような時たった一瞬の時間であっても

「お弁当」が間を取り持って愛情を伝えてくれるのです。

image

私立中学校に入ったら、「お弁当作り」楽しんでがんばってくださいね。

「お弁当作り」母としての大きな歴史・良い思い出になりますよ。

教育・受験のご相談をお受けしております。

コンサルメニューはこちらからどうぞ!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ
にほんブログ村




Pagetop